ホーム > NES Magazine > Information > NESでのライティング指導

NESでのライティング指導

2016年11月1日|Information


風邪などひかずに勉強・クラブ・学校行事などに頑張っていますか。
第2回の英検はどうでしたか。
残り少ない2学期も、充実した時間をすごせるように計画をたてて
のりきりましょうね!!

 

冬休み特別講習のご案内

12月1日から1月10日までの期間、冬休み特別講習を開催します。
既存生はもちろん、初めての方もこの機会に集中して英語の勉強をしませんか。

1月英検合格!

学年末の成績アップ!!

などなど、目標を持って勉強しましょう!

 

② 2017年度第1回英語検定より3級、準2級にもライティング導入

→4技能化へ

来年の6月検定より2級に続いて、3級、準2級にもライティングテストが導入される。このライティングテストでは2級と同じように記述式の自由英作文で与えられた質問に対し自分の意見とその裏付けとなる理由を適切な語彙と文法を使用しながら英文で論述する能力が問われる。具体的には、英語の質問に対し自分の意見とその理由を2つ英語で書く。

3級は25~35語、準2級は50~60語程度で書く。

3級ライティングテストのサンプル問題

What is your favorite season?

準2級ライティングテストのサンプル問題

Do you think students should take part in club activities at school?

 

NESでのライティング指導(英検ライティングテスト対策も含む)

NESでは「NES式ライトレ」というライティング力を幼児、小学生低学年でも無理なく高めていくためのトレーニングシステムがあります。

 

(1)レベル別の単語オーラル練習・・・・・

現在学習中のリーディングのレベルによって分けられた単語を日本語⇔英語のオーラル転換練習を行う。学習中のリーディングに出てくる単語なので幼児も無理なく覚えていきます。

(例)5級レベル:開ける⇔open  窓⇔window 閉める⇔close
4級レベル:訪問する、訪れる⇔ visit  病院⇔hospital  割る、こわす⇔break

(2)レベル別の単語筆記練習・・・・・

オーラルで日本語⇔英語の転換がスムーズにできた単語を書かせていきます。文字読みの基礎ができているので単語のオーラル転換後はどの子も単語が書けるようになります。

5級レベル:(まねて書く) 開ける open →(自分で書く) o_ _ _ → _ _ _ _
4級レベル:(まねて書く)訪問する visit→(自分で書く)v_ _ _ _→_ _ _ _ _

(3)レベル別の単文練習・・・・・

学習済みのリーディングに出てくる単文を質疑応答の形でオーラル練習後、書かせる。
Do you have any brothers or sisters ?――Yes, I have one brother.

(4)2~3文の英文を読んでの質疑応答・・・・

答が前出の英文に書かれているので簡単に英作文できる。
Tom ate some pizza. It was delicious.――What did Tom eat? How was it?――

He ate some pizza. It was delicious.(本文を真似て答を書いているうちにスペルも覚え、英作文に慣れてくる)

(5)Diary(日記)を書く・・・・・

Date(日付) Weather(天気), What did you do?(何をしたか?)What did you think ?(どう思ったか?)の練習フォーマットに従って日記を書く。

日記というパターン練習から過去形の英作文力がついてくる

(6)英英辞典応用筆記練習・・・・・

Explain “an apple” in English.英英辞典を応用して、誰もが知っている単語を英語で説明させる。
オーラル練習後書かせていきますので無理なく、表現力がアップしていく。

(7)(自分の意見を表現する)表現力強化筆記練習・・・・・

What season do you like best? Why do you like it? のような質問に答えさせます。
まずはクラス内でオーラル練習をします。理由は必ず2つ以上考えて発表させます。そのうえで書かせていきますので、主体的に考えて英語で表現する真の英作文力がつくとともに、自然に英検3級レベルのライティングテストの対策にもつながっていきます。以上のように4級レベルの幼児、小学生の生徒たちが3級ライティングテストの問題に喜んで挑戦しています。

NESでは真に使える英語を身につけるために、ネイティブ思考で英文を“読む、聞く”NES式リーディング指導と主体的に考え、表現できるようにするためのNES式ライトレ指導があります。このライトレ指導で“話す、書く”練習も効率的に行いますので、英語の4技能が自然に身についていくのです。このように、NESには幼児、小学生でも取り組める段階を踏んだ多量の教材と指導方法があります。

「NES式ライトレ指導」

①単語オーラル転換練習(日本語⇔英語)
②単語筆記練習
③単文筆記練習(質疑応答オーラル練習後)
④2~3文の英文を読んで質疑応答筆記練習
⑤日記練習
⑥英英辞典応用筆記練習
⑦(自分の意見を表現する)表現力強化筆記練習

以上の7段階のライトレチェックテストに合格するごとに自然にライティング力とスピーキング力が高まっていきます。

詳しくはライトレ指導のページ

NES Movie
  • NES式指導法についての説明や、レッスンの様子を動画で紹介しています。

  • BILIN NES式
    動画で指導法をチェック

  • オンラインサポートレッスン
    サンプル動画(1)

prevnext

NESからのお知らせや、英語学習や英会話に役立つ情報を発信しています。

prevnext
お問い合わせ・資料請求はこちら