中学生・高校生クラス

ホーム > クラス紹介 > 中学生・高校生クラス
クラス MENU ▼

中学生・高校生クラス

4本柱指導

1. 文法指導

「わかる」から「できる」へ
説明は短く、多量の問題を解かせます。反復練習を繰り返し「わかる」から「できる」に導きます。

2. 長文指導(速読+精読)

  1. 音声教材を使用した速読、長文単語チェックテスト
    読んだ順に(聞いた順に)頭から読み下し、瞬時に理解できる訓練をいたします。
    多量に読む(聞く)ことで英語脳が構築されていきます。
    単語チェックで語彙力の強化に努めます。
  2. 初見長文の精読
    構文をとらえながら正確に理解できることを目指します。
    重要な構文の訳をノート学習で添削指導し、読解力を強化させます。

3. リスニング(ディクテーション)指導

聞いた順に瞬時に正確に理解する
聞いた順にリピート(リピートできるものは理解できている)させます。
必要に応じてディクテーションも行います。

4. 英文構成力(英作文力)指導

NES式段階別英作文の修得からコミュニケーションできる会話力へ
英文を作る力をNES式レベル別構文でレベルごとに習得していきます。
NES式構文 180題 → 202題 → 386題 → 510題 → 707題
レベルが上がるごとに英作文力、会話力がアップします。

学校対策、受験対策も万全!!

  • 教科書ガイドのない「NEW TREASURE」,「PROGRESS 21」対策プリント完備
  • 語彙力強化のための段階別単語チェックテスト完備
  • 難関大学入試必須問題のオリジナル「長文読解問題」(構文和訳含む)「リスニング教材」「英作文問題」「大意要約問題」完備

 

指導のポイント


 ノート学習の添削指導で読解力がアップ!!

1 長文読解が文法の先取り+ノート添削指導で構文力

長文読解指導では未学習の文法を含む長文を、講師がリードして読んで訳せるようにしていきます。長文を読む前に未学習の文法を含む例文を「読んで訳す」練習を多量にやりますので、スムーズに読解できるようになります。未学習であった文法事項の指導時には既に読めて訳せていますので、簡単な文法説明だけですぐに問題に入れます。効率的な文法事項の導入から演習、復習、定着へと一気にすすめます。このようにNES式長文指導は、長文と文法共に相乗的な効果が期待できます。また、全ての生徒に重要な文法事項、構文を含む文は宿題ノートを使って添削指導を行い、より正確な読解力をつけていきます。

2 長文速読は「聞きながら声に出して読む」

自宅、教室共に音声教材を使って速読練習をします。意味の固まりごとにポーズの置かれたCDを聞きながら、声に出して読むことでリーディング力とリスニング力の両方が鍛えられます。

3 「わかる」から「できる」へ

文法説明は、聞けば分かったような気になりますが、「できる」ようになる、つまり、文法問題を正確に素早く解いていくには、文法の本質を理解し、実際に自分で多量の問題を解いて訓練するしかありません。そのために、NESでは、文法の本質を理解させ、質の良い問題をたくさん解く工夫をしております。NESはその問題の質と量に自信があります。

4 「理解すること」と「覚えること」を分ける

英語のルール「文法」は理解すること。動詞の変化・連語等の語彙、動名詞句、助動詞等は覚えること。覚えることは本人の努力にかかっていますので、簡単なチェックテストを繰り返し行い確認をします。講師は「理解すること」を中心に指導し、無駄を省いた効率的な指導を行っています。

5 「定着」から「応用力」へ

NESでは、文法の一単元が終わるごとに必ず履修範囲全ての総復習問題を行い、定着させていきます。さらに(ケアレスミスをなくし)実践力をつけるために、数多くの重要な文法事項を含む文法を再確認し、英語力をつけていきます。

6 国立大学入試に必須の「大意要約問題」も早期に準備

長文読解のリーディングレベルが中堅大学入試レベルに達した時期に「大意要約問題」の練習を開始いたします。論説文の「大意要約問題」では、テーマ(Theme)、主張(Claim)、論拠(Reason)の3点がきちんと網羅されていれば8割以上の正解率となります。

教室での長文読解後にこの3点を軸に、要旨を80字以内でまとめる練習を宿題として行います。翌週のレッスンで模範解答を渡し、どこがいけないのかを含めて、解説いたします。これを100問繰り返し練習することで、この「大意要約問題」については、かなり力がつきます。

7 学校対策指導はNES作成の教科書ごとの対策問題で

多くの中高一貫校で使用している難関教科書の「NEW TREASURE」と「PROGRESS 21」 始め、ほとんどの学校の教科書対策問題を作成しています。特に「NEW TREASURE」と「PROGRESS 21」 は市販の教科書ガイドもなく、密度の濃い内容なので自学習するのはたいへん難しい教科書ですが、以下のようにNES式で万全の対策をしております。

  1. 前もって、対策問題を渡し自宅学習する。(自学習可能に作成済)
  2. 担当講師が添削する。

…これを何巡も繰り返します。
そこで出来なかった問題を、なぜ出来なかったかを考え繰り返せば、対策はこれで十分です。

8 語彙力強化

長文指導の際には、毎回長文に出てきた語句を覚えさせ、チェックテストを行っております。点数が満たない場合は宿題に出し、再度チェックテストを行います。

日々の積み重ねが語彙力強化につながっていきます。

指導内容(120分)

1 文法力の習得 文法指導は訓練です。限られた時間の中でいかに効率よく、数多くの問題を解かせていくかにかかっています。進度の速い私立中学・高校で使用している難関教科書「NEW TREASURE」「PROGRESS 21」の学校対策も踏まえて、能率的なオリジナルテキスト指導を行います。

まず新しい文法事項を導入し、概要をつかみます。その上で文法のポイントを確認する基本問題で文法事項を確認します。文法の基本を頭に入れた後で、段階別練習問題に入りますので、スピードをもって多量の問題を解くことができるようになり、定着が確実なものとなります。

テキスト(新しい文法事項の概要をつかむ)

確認問題(文法のポイントを確認)

多量の問題(反復練習で段階的に完成度を高める)

各単元終了後の履修範囲すべての総復習問題(定着から応用力へ発展)

全クラス統一のNESオリジナル文法問題教材に、担当講師の補助教材を加えることで、英語力の基礎を築きあげることができます。

2 読解力を高める
  1. 長文精読
    読解力をつけるには、読んだ順に頭から読み下し理解していく方法を早くに身に付けることです。講師のリードで意味の固まりごとに切りながら読んだ順に瞬時に理解できるように訓練していきます。

    また、未学習の文法を含む長文もどんどん読ませていきます。その方法として、未学習の文法を含む導入例文を多数読んで訳し方に慣らします。その上で、本文を読んでいきますので、高度な長文も構文を把握しながらスムーズに読解できるようになります。

    さらに重要構文を含む文を正確な日本語に訳すノート学習(宿題ノート添削指導)の宿題を毎週課し、担当講師が添削します。これにより、レッスンで学んだ長文読解をより正確で確実なものに近づけることができます。

    未学習の文法を含む導入例文を読み、訳し方に慣れる

    本文を読み、導入例文を参考にしながら訳していく

    宿題ノート添削指導で、構文をとらえての正確な訳を定着させる

    上記の練習をくり返すことで、未学習の文法を含む高度な長文もスムーズに読解することができるようになります。

  2. 長文速読
    速読力をつけるために音声教材を使って指導します。
    音声教材CDを自宅で聞いて予習し、レッスンでは、聞いた順に声に出してリピートし「頭から読み下し、瞬時に理解する」速読練習を多量に行います。リーディング力とリスニング力の両方を鍛えることができます。
3 英作文力を高める 自分の意思を自由に表現するには英文構成力を身につける必要があります。NESでは、音声教材で導入し、段階的な整序問題(語句並べかえ問題)を多量に練習し、応用力のある英作文力の完成を目指します。これからの大学受験、各種資格試験において必須のライティング力向上を目指します。

NES式レベル別構文整序&英作文教材

NES式構文 180題 (中学文法・構文を含む英文)

NES式構文 202題 (高校2~3年生文法・構文を含む英文)

NES式構文 386題 (高校文法・構文を含む英文)

NES式構文 510題 (中堅大学入試レベル文法・構文を含む英文)

NES式構文 707題 (難関大学入試レベル文法・構文を含む英文)

NES式構文整序&英作文の練習の仕方

※音声教材を聴き、リピート出来てからの手順

(1)固まり整序(大きな固まりにした並びかえ問題)

(例)My sister tried to get whatever she wanted.
(私の姉は欲しいものは何でも手に入れようとした)
my sister / whatever she wanted / tried to get /.   

(2)頭出し整序(最初の1~2語だけ提示)

My sister ( get / tried / wanted / whatever / to / she ).   

(3)ランダム整序(1語づつの並びかえ問題)

wanted / my / get / whatever / tried / she / to / sister /.   

(4)英作文(和文英訳問題)

「私の姉は欲しいものは何でも手に入れようとした」   

(1)~(4)の手順で、生徒の英文構成力を見極め、能力によってスタートを決め、練習すれば、未学習文法・構文を含む英文でもスムーズに書けるようになり、それを反復練習することによって、大学入試・各種資格試験に対応する英作文力が完成されていきます。

4 リスニング力をつける リスニング力も訓練です。聞いた順に瞬時に聞き取れる耳を養います。
そのために以下の(1)~(4)の練習を繰り返します。

指導方法

(1)Vocabulary

聞き取りにくい単語をリピートして意味も確認する

(2)ポーズ・リーディング

意味の固まりごとにポーズが置かれて読まれている音声教材をポーズごとに止めて、そのまま英語リピートをして日本語訳もさせる

正確に英語が聞けるようになる

(3)ノーマル・リーディング

ポーズ・リーディングで確認した英文を、再度ネイティブが話すスピードで聞き下し、ネイティブの会話が聞けるよう耳を養う

(4)英問英答

内容に関して英問英答を行い、会話力まで発展させる

以上のNES式リスニング指導で正確に聞き取れる耳を養っていきます。
また、NESの外国人講師によるカンバセーション・クラスで、年6回、会話指導クラスに参加することで、会話力強化につなげ、英語を身近なものにしていきます。

5 学校対策
(中間・期末試験)
学校ごとの試験対策として、各教科書対応問題(NESオリジナル)を事前にお渡しし、自宅学習させます。そして、講師が採点をして、その問題が完璧に解けるようになるまで繰り返し練習を行っていきます。

教科書も教科書ガイドも市販されていないような特殊な教科書「NEW TREASURE」や「PROGRESS 21」をはじめ、全教科書に対応する問題をNESで作成していますので、学校対策はこれで十分です。しかし学校対策としては十分でも、これが即、難関大学受験や社会で使える本物の英語力に結びつくということは到底考えられません。

英語専門塾のNESでは、学校対策だけでなく、NES式で総合力をつけて難関大学合格レベルの英語力、ひいては社会に出て役立つ英語力の向上を目指し指導しています。

6 英検対策
(4級、3級、準2級、
2級、準1級、1級 合格)
NESは英検の準会場認定校になっており、開校当初より他の資格試験同様英検指導には力を入れ、多数の合格者を輩出しています。中学生・高校生クラスにおいては、英検並びに各種資格試験を長文指導に組み入れています。その結果、総合的英語力がつきますので、中3終了時までにはほとんどの生徒さんが2級に合格しています。

2級合格後は大学受験コース(準1級・1級合格)とネイティブ講師によるバイリンガルコースの選択制となります。もちろん、大学受験コースとバイリンガルコースの両方をとることも可能ですので、NESの最終目標であるネイティブ同様の英語力をバイリンガルクラスで早期に身につけて下さい。

7 大学受験対策 大学センター → 中堅大学 → 難関大学 の順で各クラス1年間の対策指導を行います。

大学センター入試クラス指導内容(120分)

文法力

NESオリジナルテキストとオリジナルドリルを使って、各文法項目で重要な必須文例を読んで訳すことで文法の理解をより深めます。そして、高校範囲文法を総復習し、大学センター入試実践文法問題を多量に解き、正確に速く解答できるように訓練します。

長文読解力

大学センター入試必須文法・構文を網羅したNESオリジナルのEランクリーディングを精読し、難関で高度な長文読解を確実にします。それと並行して、大学センター入試過去問題の長文も多量に読み、速読指導を行います。大学センター入試長文を速く正確に読み、正答率100%を目指します。

リスニング力
(ディクテーション)

NES式リスニング指導で正確に聞ける耳を養います。NESオリジナル音声教材と大学センター入試実践問題を使い指導します。

英作文力

NES式構文 202題(高校2~3年生文法・構文を含む英文)
まず、整序問題(語句並びかえ)を多量に練習して、和文を見たら構文が頭に浮かぶようになってから英作文に入ります。無理なく自然に英作文力がアップするはずです。202題、386題を制覇すると、大学センター入試レベルの英作文整序問題の正答率は100%となります。

中堅大学入試クラス指導内容(120分)

文法力

NESオリジナルテキストとオリジナルドリルで、高校範囲文法を確認後、中堅大学入試レベルの文法問題を分野別に整理した後で実際問題を解き、中堅大学合格レベルの文法力をつけます。

長文読解力

NESオリジナルFランクリーディング(中堅大学入試レベルの高度な文法・構文を含む長文)、分析リーディング(難解な長文の構文を理解しやすくするために、S・V・O・Cに分解して補助を入れた長文)を精読するとともに、中堅大学入試過去問題を多量に読み、中堅大学入試長文問題の対策指導をします。→国立大学入試必須問題「大意要約問題」の練習も行い、高度な長文読解力をつけていきます。

リスニング力
(ディクテーション)

NESオリジナル音声教材と中堅大学入試実践問題を使い、中堅大学入試リスニング問題の対策指導をしています。

英作文力

NES式構文 386題(高校文法・構文を含む英文)
まず、整序問題(語句並びかえ)を多量に練習して、和文を見たら構文が頭に浮かぶようになってから英作文に入ります。無理なく自然に英作文力がアップするはずです。386題、510題を制覇すると、中堅大学入試レベルの英作文問題はほぼ完璧に解けるようになります。

難関大学入試クラス指導内容(120分)

文法力

NESオリジナルテキストとオリジナルドリルで、早・慶・上智・国立大学レベルの文法問題を分野別に理解した後で実際問題を解き、難関大学合格レベルの文法力をつけていきます。

長文読解力

NESオリジナル分析リーディングで難解な文法、構文を含む長文をS・V・O・Cに分析しながら読解します。その上で、国立大学入試過去問題を多量に精読し、問題を解き、早・慶・上智レベルの入試過去問題を解けるレベルに到達させていきます。これで、難関大学入試長文問題の対策指導は完璧です。

リスニング力
(ディクテーション)

NESオリジナル音声教材で実践問題の対策指導をします。

英作文力

NES式構文 510題(中堅大学入試レベル文法・構文を含む英文)→NES式構文 707題(難関大学入試レベル文法・構文を含む英文)
まず、整序問題(語句並びかえ)を多量に練習して、和文を見たら構文が頭に浮かぶようになってから英作文に入ります。無理なく自然に英作文力がアップするはずです。510題、707題を制覇すれば、難関大学入試の英作文問題もほぼ完璧に解けるようになります。

※ 長文指導の際に、頻出語句表を渡し、それをもとに単語チェックテストも行います。
 日々の積み重ねが語彙力強化につながります。

教育フロー

中学生・高校生クラス:料金

中学生・高校生クラス

定員 5名
時間 120分
入会金 *27,000円
月謝 30,240円

大学センタークラス

定員 5名
時間 120分
入会金 *27,000円
月謝 30,240円

中堅大学入試・難関大学入試クラス

定員 5名
時間 120分
入会金 *27,000円
月謝 32,400円

*入会金について

  • 体験レッスン当日申し込みに限り、入会金:20,600円(体験レッスン費用:4,320円/60分)
  • レベルチェック入会の場合は、入会金:16,500円

・ 教室維持費(システム管理費、通信費、通塾保険費等)は、月謝に含まれています。
・ 教室で使うテキスト、プリント、自宅学習用プリント教材、当教室専任のアメリカ人講師録音の教材CD、テープ等の教材費は全て月謝に含まれています。幼児クラスは、絵本代(8冊セットで2,850円)をいただきます。
・ 兄弟姉妹、友達同士での同時入会の場合、入会金1名分は免除いたします。
・ 月謝1年年間前納の場合、5%割引になります。

※プライベート(ホーム)レッスンにおいて、家庭派遣の場合、別途派遣料5,200円(月4回レッスン)が加算されます。また家庭派遣講師の交通費(実費)も直接、講師へお支払いいただくことになります。

※当スクールは、トップレベルの英語指導を提供する教育機関と自負しております。教育とは、生徒さんとスクールとが確かな信頼関係で結ばれた時にのみ、成立するものだと考えております。よって諸般の事情により入会をお断りする場合もあることを予め、ご承知おきください。

NES Movie
  • NES式指導法についての説明や、レッスンの様子を動画で紹介しています。

  • BILIN NES式
    動画で指導法をチェック

  • オンラインサポートレッスン
    サンプル動画(1)

prevnext

NESからのお知らせや、英語学習や英会話に役立つ情報を発信しています。

prevnext
お問い合わせ・資料請求はこちら
採用情報はこちら